印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



HOME > Report > 2007

山車ものがたり

土蜘蛛

 物語は平安時代、都には、天下を乱す時を狙う土蜘蛛族が棲みついていました。都も京へ移り、時は平安絵巻のごとく過ぎ、その頃、都の守、源頼光は病に伏し、侍女、胡蝶が典薬の守から薬をいただき頼光の館へ帰る途中、土蜘蛛の精魂に襲われます。そして胡蝶の化身は薬を毒薬に換えて頼光の命を狙おうとしました。しかし、頼光は正体を見破り、伝家の宝刀「膝丸」で一太刀浴びせると、土蜘蛛の精魂は飛び去ってしまう。頼光は我が身を救った膝丸を「蜘蛛切丸」と名を改め頼光の家来、四天王に土蜘蛛退治に向かわせます。四天王は土蜘蛛の残した血痕を辿り着き、土蜘蛛の妖術に悩まされながらも蜘蛛切丸のご神徳を得て、無事退治するという物語です。山車は土蜘蛛の精魂を主役にし、源頼光と四天王の激闘の場面を、創作も加え製作いたしました。
 見返しは「酒呑童子」。

ページの先頭へ